トップページ乳腺炎の原因を探る > 乳腺炎の原因、陥没乳

陥没乳

陥没乳とは文字通り、普通だと出ているはずの乳首の部分が、
内部に入り込んでしまっている状態になっていること。

私も実は典型的な陥没乳で‥
初産のときは授乳の度に意識してつまみ出していました‥
(ちょっとリアルですみません‥)

陥没乳だと授乳自体はなんとかできるものの、
やっぱり陥没乳でないママと比べると飲ませにくいのは一目瞭然、、
我が子も中々乳首を加えることができず、申訳ない‥どう見ても飲みにくそうで‥
1人目産後直後の乳腺炎の大きなひとつの原因でした。

産後私の身体では母乳がどんどん生産されるのに、
ちっとも飲んでもらえない母乳‥結果おっぱいが張ることになるんです。。
あくまで私の場合ですが、もう張るというか
まったくカンカン状態で、おっぱいがかた~くなってしまって、
お産で疲れ切った身体にムチを打たれる状態で、、
こんなに大変な思いがまだまだ続くとは思ってもいませんでした。

陥没乳と自覚しているママは、
出来れば妊娠中から乳首を取り出すためのマッサージを行うといいそうですが、
妊娠中に乳首をマッサージをすると、
乳首への刺激で、子宮が収縮してしまって、早産の原因にもなるので、
妊娠初期や中期ではなく、後期以降で、
後期以降でもお腹が痛くなったり、張りを感じた場合はすぐにやめるようにしてくださいね。

後、通常は出ているものが、中に入りこんでいる状態なので、
当然汚れもたまりやすいので、
授乳中は特に人一倍、清潔にしておいた方がいいです。

授乳しているうちに、乳首が強引に引っ張られるので
気付けば陥没乳ではなくなっていますが、
特に陥没乳の初産ママは、私のようにならないためにも、あらかじめ注意していた方がいいです。

[6] 赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えない
[7] 胸の圧迫
[8] 甘いもの、乳製品、高カロリーフードがやめられない
乳腺炎の予防、乳腺炎にならないために、ページのトップへもどる
私が成功した 乳腺炎予防方法はこちら!